12のストレッチ

管理人が体験した「12のストレッチ」に関するレポートです!どうぞご覧下さい。

ワークアウトの終わりにストレッチ

最後、ストレッチをしましょう。

ストレッチ

ストレッチは全部12あります。

12のストレッチを浅く7秒、深く7秒、ゆっくりじっくりやっていきます。

私が通っているカーブスでは、ストレッチするスペースにメトロノームが置いてあり、それに合わせて7秒カウントしながら、それぞれやるのです。

よく重い荷物を持った次の日とか、急に走った次の日、筋肉痛で辛いことがあるでしょう?

なのに、どうしてカーブスの運動をしても筋肉痛にならないのでしょう。

もちろん、正しいエクササイズにのっとって運動することもありますが、最後に行うストレッチも関係していると思います。

当サイトの管理人私は、少し疲れている時や腰が痛い時などは、エクササイズはお休みして、ストレッチだけやって帰ったりします。

(1)アキレス腱のストレッチ

ストレッチの定番!?

アキレス腱のストレッチ

足の後ろの部分=ハムストリングス・ふくらはぎを意識すると良いそうです。

後ろ足はかかとを地面に押す感じ。前足はつま先に体重をかける。足は並行!ワークアウトをした後は、なんだか足首が柔らかくなります。

アキレス腱のストレッチ

まず、軽く7秒、次に深く7秒。

ワークアウトした後は、アキレス腱が伸びるような気がしますねぇ。とっても気持ち良いです。このストレッチなら、家でも職場でもできるので、休憩時間にやってみましょ~。

(2)足の裏側のストレッチ

12のストレッチの中で、2番めに行うのが、この足の裏側のストレッチです。

足の裏側のストレッチ

(1)のアキレス腱を伸ばす姿勢から、そのまま後ろに下がる感じです。

前足のつま先は地面から離して足を伸ばしましょー。意識するのはお尻とふくらはぎ!

管理人は心の中で、1・2・3・・・と浅く7つ、次に1・2・3・4・・・・と深く7つ数えながらやってます!

写真の中で、チラリと壁に見えているのが、ストレッチのやり方です。いつも順番を忘れてしまうので、このガイドを見ながらやります。マシンよりも、じっくりやるつもりでストレッチをしていますよ!

(3)太もものストレッチ

3番目がこの太もものストレッチです。

太もものストレッチ

もちろん、何かにつかまってやってOK!

ふとももの前を伸ばしましょう。バランス取るぞ~!なんて何もつかまらないでやってみたりしますが、フラフラしちゃうんですよね~。

太もものストレッチ

ググ~ッと足首を持って上に引き上げるようなイメージです。

このストレッチもとても気持ちが良いですよ!左右しっかりと行いましょう。

(4)わきのストレッチ

さぁ、4番目はわきのストレッチです。

わきのストレッチ

手のひらを上に伸ばします。気持ち良い~~~!

腕は耳につける感じでまっすぐ伸ばすのです。手のひらは天井に並行にしましょー。

わきのストレッチ

ただ手をあげているだけ??のように見えますが、これもしっかりとわきを伸ばすように行います。

背すじも伸びてスッキリ!普段、姿勢が悪くなってしまいがちな人は、しっかりと行うと良いですよ~。

(5)肩のストレッチ

肩こりがひどい管理人・・これでも目一杯なんです

肩のストレッチ

三角筋と大胸筋を伸ばします。これもとっても気持ち良いですね。ウグ~~~~~ッと声が出ちゃいます。

この姿勢、胸も広がるし、いっぱい息が吸えるような気がします。

肩のストレッチ

若い人や、体が柔らかい人は、もっともっと手が上に上がります。痛いなぁ、と思う人は、あまり無理をしないようにしましょう。

(6)肩と二の腕のストレッチ

二の腕のプルプル気になりますよね。

と二の腕のストレッチもきちんと行いましょう。

肩と二の腕のストレッチ

三角筋、上腕二頭筋、上腕三頭筋を意識しましょー。こんなことを言ってると、なんだか中山きんにくんみたいな気分です。

肘は横に引っ張るのではなくて、天井に持ち上げるイメージです。

足はリラックスさせましょう。

ぐーっと上にもちあげると、脇から腕にかけてとても気持ち良いですよ!

(7)胸と腕のストレッチ

胸と腕のストレッチ

腹斜筋、大胸筋を伸ばします。手のひらを上に持ち上げて、おなかまでググ~ッと伸びているかを意識しましょー。体がひとまわり大きくなるような気分です。

(8)胸・肩・腕のストレッチ

12のストレッチの中で、8番めに行うのが、この胸・肩・腕のストレッチです。

胸・肩・腕のストレッチ

手は床と並行で、手の中指をできるだけ遠くに持っていくイメージにしましょー。

空気をたくさん吸えるように感じます。

胸・肩・腕のストレッチ

後ろから両腕を引っ張って欲しいですね~。管理人は肩こりがひどいので、このストレッチを一所懸命やっています。

写真のように、ストレッチをしながら、壁に貼られたメッセージを読んだり、メンバーさんが書いた計測の目標を読んだりします。ほほ~、みんな頑張ってるのね~。。

(9)腰のストレッチ

キュキュ!っと腰のストレッチです。

腰のストレッチ

ハムストリングスを意識しましょー。姿勢はまっすぐ、手に体重をかけないようにしましょー。

管理人は腰が痛いので、やや柔らかくやってます。ですが、ウエストをキュッと細くなりますように・・・と念じながらやってますよ♪

腰のストレッチ

伸ばしている足は、足くびをきちんと立てたほうが良いそうです。

これでウエストが細くなったら、ワンサイズ小さいジーパンをはきたいですね~。

(10)脚の裏側のストレッチ

ここからは座って行うストレッチです!

脚の裏側のストレッチ

膝は外側に倒さないように、膝は腕と腕の間にあるようにしましょー。

つま先は無理に触ろうとしなくてもOK。足の裏側と腰が伸びていることを意識すると良いそうです。

脚の裏側のストレッチ

カーブスに通いだしてから、だんだん体が柔らかくなって、ペタンと胸とお腹が足につくようんになった、メンバーさんもいるんです!!すごいね、ほんと。

管理人の体の硬さはご覧の通りでして・・・気持ちは前にいってるんだけど・・・ウグググ・・・もう少し・・・ふ~。少しづつでも頑張るぞ~!

(11)もものストレッチ

もものストレッチ、こんなガニ股なポーズです。

もものストレッチ

ももの内側を意識すると良いそうです。ちなみに、無理に膝を床に押し付けなくても良いんですよ。

もものストレッチ

本当は、両膝がペタンと床につくようになったらGoodなんですが。

体が柔らかい人は、このガニ股なポーズの状態で、上半身を前に倒し、ひじがペタンと床についちゃうんです。そして、そのままひじをグググッと前方へもっていくんです。

もものストレッチ

ついでに、足を開いて、体を前に倒してみよう・・・かな?

(12)背中のストレッチ

いよいよ、最後のストレッチです。

背中のストレッチ

足を上にあげ、つま先は曲げます。手は膝の後ろのほうです。膝を胸に付ける感じにしましょう。

これで終わりですが、みなさんその後も、腰回しをしたり、ごろ~んと寝っ転がって体を伸ばしたり、体を動かしています。

背中のストレッチ

最近流行りの「腰回し」をやってる人もいますよ!くびれもできそうだし、なんだか体の調子も良いようで、管理人もお勧めされました

そして、ストレッチ中は、深呼吸するとGoodだそうです!

また、無理に伸ばしたり、引っぱらないようにすることも大切。

そして、こんなやり方もあるよ!っという背中のストレッチを聞いてきたので、ご紹介しましょう。

まず、うつ伏せの姿勢になります。そして、床に肘をつけます。頭が真っ直ぐ引っ張られる感じで状態を起こします。

いろんなやり方があるんですね~。みなさん、雑誌をみたり、テレビをみたり、いろいろ研究されてる、みたい。それをすぐ実践してるのがエライですね!

最後に、このストレッチは股関節にGoodなストレッチだそうです。ちょっとお尻の裏あたりがピキピキ痛いです。

背中のストレッチ 背中のストレッチ
copyright(c) カーブス 体験記|料金や効果 All Rights Reserved.